image

2015年10月
LIVING&DESIGN2015

2016年2月
下鴨神社糺ノ森

に続きまして、ニューヨークのジャービッツセンターにて5月14日から17日まで開催されておりましたICFF2016に織物の茶室を出展してまいりました。

織物襖紙の製造過程をモデルに建築家橋口新一郎氏がデザインされた茶室と一保堂様のご協力による茶会パフォーマンスは海外でも大きな注目を集めることができ、日本の伝統産業、伝統文化が想像以上に浸透していく可能性を感じることが出来ました。

日本を伝えるということは優しいですが、共感を得ることの難しさも感じました。しかしながら今回、海の向こう側に一歩踏み出せたことは弊社にとっても大いなる前進ととらえております。

今後も国境など関係なく、和の素晴らしさを発信し続けていきたいとおもっておりますので、今後もよろしくお願い申し上げます。

そして、今回の出展に関しましてたくさんの方々のご協力をいただきました。心より感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

和奏JAPAN

カドカワ株式会社 代表取締役 楞川耕司